千葉で葬儀ができない時

一般的なイメージとして、葬儀は意外とお金がかかるとされています。

《関連記事》⇒葬式に必要なお金っていくら? | マイナビニュース

確かに葬儀の規模によってはかなりの金額になってしまいますが、経済的な事情から葬儀を出す費用が捻出できない場合はどうしたらいいのでしょうか?

・葬儀費用が出せない場合

決して身分不相応の大規模な葬儀をしようとしているわけではないのに、経済的な事情から葬儀費用が出せないという事もあります。

お金がないから葬儀ができないという時、故人が国民健康保険に加入していると、葬祭料と埋葬料が支給されますので、それを利用する事ができます。

ただしいくら支給されるかは、千葉でも地域により違いますし、遺族の負担を軽減出来る直葬にしても20万円前後の費用がかかるので、少し足りません。

故人が75歳以上で、後期高齢者医療制度に加入していると、葬祭料が支払われますので、自治体に問い合わせてみましょう。

・市民葬をする

直葬と同じ位かかりますが、市民葬を利用する方法もあります。

自治体が主催し葬儀を行うため、通常の葬儀よりも低価格になります。

ただし住んでいる地域でしか利用できない事、千葉の地域によっては市民葬をしていないところもあるので、これも万全ではありません。

・まとめ

葬儀スタイルも多様化しているので、遺族の負担を減らすシンプルな葬儀も可能となっています。

どうしても苦しい時は、葬儀社に予算を伝え、その範囲で葬儀ができるかどうか相談してみましょう。

最近はできるだけ葬儀費用を抑えたいと考える人も増えているので、相談すれば対応してくれる事があります。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN